周産期

産婦人科超音波と人工知能(機械学習とディープラーニング)

こんにちは。 今回は、産科超音波診断と人工知能についてのお話です。 理事長もAIを使って、赤ちゃんの頭を計測できないか、といろいろ試したことがあるのですが、結局、資金がなくってほとんど使い物にならずに終わってしいました。 ...
国際保健

シエラレオネ:帝王切開後の周産期死亡率(死産と新生児死亡)

こんにちは。 今回は2020年5月にInternational Journal of Gynecology and Obstetrics に掲載された論文の紹介です(こちら)。 今回の論文では、「西アフリカに位置するシエラレオ...
国際保健

WHOの「Every Newborn Action Plan 2019レポート」を読む

こんにちは。 Every Newborn Action Plan (ENAP)をご存知でしょうか。 2014年のWHO総会で194各国によって採択された、2030年に達成すべき新生児死亡と死産削減の目標を定めたものです。 ...
国際保健

サハラ以南にあるアフリカ諸国では 酸素がどれくらい入手可能か

こんにちは。 2020年9月のThe Lancet Global Healthにこんな記事がでていました。 「サハラ以南アフリカ諸国では、酸素投与ができる施設がどのくらいあるのか。まずはデータの入手から。」(こちら) 記...
周産期

妊婦のサイトメガロウイルス初感染に対するバルトレックス(valaciclovir)大量療法 イスラエルからの報告

こんにちは。 妊娠初期にサイトメガロウイルスに初感染した妊産婦に対して、バルトレックス(Valaciclovir)を大量投与(8g /日)した場合、プラセボ群と比べて、胎児への垂直感染リスクを減らすことができた、とするイスラエルから...
周産期

破水後の子宮内感染を診断する。 ベッドサイドでできる子宮内感染検査

こんにちは。 破水した妊婦さんから経膣、経頸管的に採取した羊水中のIL-8をベッドサイドで調べることで、子宮内感染を診断できるかもしれない、とする韓国からの論文が2020年9月のAmerican Journal of Obstetr...
周産期

高血圧合併妊娠と低容量アスピリン ACOG(米国産婦人科学会)による妊娠高血圧腎症予防ガイドラインのインパクト

こんにちは。 高血圧合併妊娠の女性に対して、妊娠12ー16週からアスピリン81mg内服を開始した場合でも、加重型妊娠高血圧腎症、ならびに子宮内発育遅延、早産の発症頻度は減少しなかった、というアメリカの研究結果が、2020年Ameri...
周産期

妊婦健診再考:ヴァーチャル診療で柔軟な妊婦健診モデルを実現する

こんちには。 今回は、妊婦健診について、です。 2020年9月のAmerican Journal of Obstetrics and Gynecology on-line firstに、”Prenatal care redes...
周産期

ミフェプリストンとミソプロストロール

こんにちは。 今回ご紹介するのは、2020年9月のThe Lancetオンラインファーストに掲載された論文です(こちら)。 2017年から2019年に、イギリスで行われたランダム比較試験です。不全流産に対して、ミフェプリストン...
本の紹介

明治を生きた男装の女医 高橋瑞物語

こんにちは。 今日は、本の紹介をしたいと思います。 高橋瑞(みず)。この名前を知っている人はあんまりいないのでは、と思います。当然、理事長も知りませんでした。 明治時代に日本で3番目に医師となった女性です。 ...
タイトルとURLをコピーしました