国際保健

国際保健

中米にある国ホンジュラスでパソコンで使えるエコーを導入してみました

ホンジュラスとは 中米にある国の一つで、人口は800万人、面積は北海道の1.3倍くらいです。国連および世界銀行の分類では低所得国の一つに数えられています。日本人にはあまり馴染みのない国かと思いますが、意外と日本との関係は古く、国交8...
国際保健

シエラレオネにおける母体死亡の検討

今回は、理事長が第33回国際保健医療学会で発表した内容をご紹介します。 シエラレオネの首都であるフリータウンにある母子保健病院Princess Christianity Maternal Hospitalで2017年1月から2018...
国際保健

妊娠後期でも、小脳を計測するとけっこう正確に在胎週数がわかるかもしれない、というはなし

低所得国において、小脳横径(Transverse Cerebeller Distance: TCD) に基づいて在胎週数を推定したところ、妊娠初期に胎児頭殿長(Crown Rump Length: CRL)を使って推定した在胎週数との誤差...
国際保健

発展途上国の早産児

未熟な赤ちゃんのことを早産児といいます。 今回は、2019年1月 Lancet Global Healthに掲載された、世界の早産児についての論文をご紹介します(こちら)。 世界的に、早産児の数は増加傾向にあります。 要...
国際保健

コロナウイルス 政策の負の影響

前回からの記事内容と続いていますが、今回もコロナウイルス 対策がおよぼす負の影響、おもに妊産婦と乳幼児に及ぼす影響について、お話したいと思います。 「中低所得国におけるCovid-19の流行が間接的に妊産婦とこどもの死亡率に与える影...
国際保健

コロナウイルス と発展途上国

こんにちは。 今日は世界的に有名な医学雑誌Lancetの記事をご紹介します。 題名は、「Covid-19はグローバルヘルスを破壊したのか?」 ハーバード大学 Harvard T H Chan School of Publ...
タイトルとURLをコピーしました